メニュー

正しい舌の位置

[2019.08.22]

正しい舌の位置は...

皆さんはお口を閉じた時、舌の位置はどこにありますか?

もし下の前歯の裏側についている場合は舌が下がっています。

口を閉じた時に上顎の粘膜にべったりついている状態が正しい位置です。

舌筋は、加齢による衰えが気になる顎や頬、首まわりの動きなどにも関わってくる筋肉です。

老化で筋肉が衰えてくると、上をおおている皮膚が支えられず血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まり、

たるみやしわの原因になるのです。

「あいうべ体操」は顔全体の筋肉が使われるため、新陳代謝や血流が良くなりその結果顔の色ツヤもよくなり

表情が豊かになります。

口輪筋(口の周りの筋肉)はさまざまな表情筋につながる筋肉です。

口輪筋を動かすだけで頬や目の周り、おでこの筋肉までも活発に動かす事ができます。

是非「あいうべ体操」をやってみて下さい。

口輪筋を鍛えよう!をご覧になってください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME