メニュー

歯を失ったら読むブログ

21.【年代別】女性のための抜けた歯の治療法(2018.07.31更新)
健康寿命の向上により、アクティブに活動して、おしゃれにも気を遣い自分に磨きをかけている女性の年齢も高まっているようです。   平成に入り、虫歯にならないためにも幼児期からのお口の清掃… ▼続きを読む

20.歯を失った!どうすればいい?(2018.07.26更新)
歯を失う理由は様々かもしれませんが、年齢を重ねるにつれて歯を失う方が多くなるのは事実です。 歯を失った方はその本数により治療を受けるかどうか考える方もいらっしゃるようです。 しかし、歯科医師の… ▼続きを読む

19.目立つ部分の歯を理想の形にする(2018.07.25更新)
自身の歯を失ってしまったことは残念ですが、それを補うための人工の歯は「せっかくなので理想的なものにしたい」と考える方が増えてきました。 特に前歯など他の人から目に付く部分の歯については、理想の歯にで… ▼続きを読む

18.寝るときの部分入れ歯(2018.07.23更新)
「部分入れ歯は寝るときも付けていた方がいいの?」 と質問を受けることがあります。   当院では以下の理由から就寝中は基本的に入れ歯を外すようお話をさせていただいています。 誤っ… ▼続きを読む

17.前歯を失った場合の治療法(2018.07.21更新)
前歯が急に抜けてしまった。 日常の生活でもっとも目につきやすい前歯を失ったときのショックは大きいものです。 前歯が抜けた状態では仕事や学校に行くのにも、マスクを付けていかなくては生活がしづらくなる… ▼続きを読む

16.目立ちずらい部分入れ歯(2018.07.20更新)
  部分入れ歯は、残っている歯に金具(クラスプ)をひっかけて固定し装着するものです。 保険診療で使われる金具部分は、金属でできておりそれが目立つため、部分入れ歯だとすぐわかってしまいやすくなります… ▼続きを読む

15.金属床の種類(2018.05.09更新)
   金属床の種類 自由診療の入れ歯(総入れ歯)、自由診療の入れ歯(部分入れ歯)でもお伝えしている当院がお勧めする金属床の入れ歯ですが、金属素材の違いによる特性をまとめてみます。  金属床の入れ… ▼続きを読む

14.入れ歯とインプラントの比較(2017.09.15更新)
失った歯を補うための方法として、 入れ歯 インプラント ブリッジ 差し歯 などの治療法があります。 その中で、入れ歯とインプラント治療について比較してみます。  インプラント治療… ▼続きを読む

13.自由診療の入れ歯の医療費控除(2017.09.13更新)
医療費控除とは 医療費控除は1月から12月までの1年間にかかった医療費総額から医療費控除額を算出し、それに税率をかけた分が課税所得から引かれることで所得税や住民税を節税することができる制度です。… ▼続きを読む

12.女性に入れ歯が多くなる理由(2017.04.25更新)
女性に入れ歯が多くなる理由 比較的若い女性の方で歯が欠損し、それを補う選択肢として入れ歯を使われる方が増加しています。 圧倒的に部分入れ歯の方が多く、 見た目にわかってしまうのが嫌だ … ▼続きを読む

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME