メニュー

虫歯の治療

「歯の痛み」、「歯がしみる」は虫歯の前兆かもしれません

歯が「しみる」原因は知覚過敏も考えられますが、痛みがある場合は高い確率で虫歯だと思われます。痛みを我慢しても虫歯だった場合は自然に治ることはほとんどありません。放置することで以下のようなリスクがありますので、歯がしみる・痛む場合は一度植村歯科医院へご相談ください。

虫歯を放置するリスク

治療期間が長くなる

虫歯が進行しているほど当然ながら治療が大がかりになり、治療期間が長くなります。通院回数も増えるので、貴重な時間を削らなくてはいけなくなります。

治療費がかさむ

虫歯が進行すると歯がどんどん溶けていきます。進行するほど詰め物や被せ物でカバーする範囲が広くなり、通院回数や治療費用もかさみます。

負担が大きくなる

ひどくなってしまうと、治療時の痛みが強くなるリスクが高まります。また、まわりの歯や歯ぐきなどのお口全体、および全身の健康にまで悪影響を与えることもあります。

逆に言えば、定期検診を受けて虫歯を早期発見できれば、こうしたリスクをすべて避けることができます。できるだけ早めに歯科医院を受診するのはもちろん、予防のために定期検診を受けることをおすすめします。

初期の虫歯は再石灰化で治しましょう

私たちの口の中では、歯のミネラル分が溶かされる「脱灰」と、だ液の中和作用によって再びミネラル分を歯に戻し溶けた部分を再生する「再石灰化」が繰り返されています。このバランスが崩れると再石灰化が間に合わなくなり、虫歯ができてしまいますが、ごく初期の虫歯であれば、再石灰化を促すことで治すことができます。

虫歯左arrow_05虫歯右

再石灰化を促すためには、日常的に「長時間にわたってだらだらと食べることをやめる」「キシリトール入りのガムなどを食べる」といったことが効果的です。また、歯科医院でのフッ素塗布も有効ですので、できれば虫歯予防としてご検討ください。

 歯がしみる原因は知覚過敏かもしれません

虫歯知覚過敏

歯がしみる原因としては虫歯のほかに知覚過敏も考えられます。知覚過敏は、歯ぎしりや強すぎるブラッシングなどによりエナメル質が削れて象牙質が露出し、そこに刺激が伝わってしみる現象のことをいいます。冷たい食べ物を口にしたり、風が当たったりしたときにしみる症状があるなら、お早めに当院へご相談ください。

 船橋市高根木戸・高根公団の植村歯科医院

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME