メニュー

歯を抜くということ

やむを得ず歯を抜かなくてはいけないケースがあります

「できるだけ歯を抜きたくない…」

「自分の歯でずっと食事をしたい…」

歯を抜くこと(抜歯)に抵抗がある方はたくさんいらっしゃいますが、結論から申し上げると虫歯や歯周病などが進行した場合は抜歯しか選択肢が残されていないケースは珍しくありません。では、どういったケースで歯を抜くことになってしまうのかについてみていきましょう。

抜歯せざるを得ないケース

  1. 虫歯が進行している
  2. 歯周病が進行している
  3. 歯周病が進行している
虫歯が進行している

虫歯進行

虫歯になった場合は進行を食い止めるために、患部を削らなくてはいけません。しかし、虫歯によって歯の大部分が溶けている場合などは削るだけでは済まず、抜歯が必要となることがあります。

歯周病が進行している

抜歯歯周病進行

歯周病が重症化すると、顎の骨が溶け、他の歯周組織まで感染が広がることがあります。そのため、重度の歯周病の場合は症状の進行を防ぐために抜歯を行うことがあります。

歯が大きく破損している

抜歯破損

歯の大部分が割れたり欠けたりしている場合には、そこから虫歯や歯周病といった病気が広がる可能性が考えられます。そういったケースでは抜歯を選択することがあります。

治療効果が見られない

さまざまな治療を行っても治癒せず、歯を残しておくことで他の歯の健康に悪影響をおよぼす恐れがある場合には、抜歯を行います。

悪い歯を残しておくことのリスク

抜歯すべき歯を残しておくことによって、周囲の健康な歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まったり、全身に悪影響を及ぼしたりすることがあります。歯を残すことによって他の健康な歯の寿命まで縮めてしまうようなケースにおいては、当院では抜歯をご提案しています。

抜歯を防ぎ、健康な歯を残すために

抜歯を避けるために重要なのは、毎日のケアと定期検診です。また、治療の中断なども抜歯のリスクを高めるので十分にご注意ください。

毎日ブラッシングする

抜歯毎日ブラッシング

抜歯を避けるためには、毎日のお口のケアをしっかり行い、虫歯や歯周病の原因となるプラークを除去することが大切です。当院では、ブラッシング指導を行っていますのでお家でも同じ要領で行いましょう。

定期検診を受ける

抜歯定期検診

ブラッシングだけでは取り切れないプラークや歯石は、歯科医院での定期検診でカバーしましょう。定期検診を受けることで虫歯や歯周病を早期発見できれば、簡単な治療で済み、歯へのダメージも抑えられます。

治療を中断しない

重度の虫歯や歯周病にかかると治療期間が長引き、通院回数も増えてしまいますが、「なかなか治らないから」「もう痛みはおさまったから」といった理由で治療を中断される方がいます。実は、この治療の中断は、もっとも抜歯に至る可能性を高めるものです。

治療期間が長引いているからといって、治療を中断するようなことは避けていただきたいと思います。

船橋市高根木戸・高根公団の植村歯科医院

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME