メニュー

19.目立つ部分の歯を理想の形にする

[2018.07.25]

自身の歯を失ってしまったことは残念ですが、それを補うための人工の歯は「せっかくなので理想的なものにしたい」と考える方が増えてきました。

特に前歯など他の人から目に付く部分の歯については、理想の歯にできたら、自信にもつながるものです。

なので、治療を終えた後で、

  • 形が気に入らない
  • ほかの歯とのバランスが悪い

などの話にならないように治療前に自分の希望は決めておきたいものです。

歯科医院には

歯の形のイメージが比較できる:モールドガイド

というものが置いてあります。

それを見ながら失った歯の形を歯科医師に相談するとよいでしょう。

 

また一般的に歯の形は以下の3点の基本を押さえるとよいです。

①顔の形を参考にする

・丸い顔の方

歯の形も丸くなります。卵のような形のようなイメージの歯です。

・三角型の方

顔を逆にしたような形が合っていると言われています。

・四角型の方

歯の形も角ばった四角がいいと言われています。

 

②男女の歯の形のイメージ

・女性的な歯形

女性の歯の形は、カドがなく全体的に丸みの帯びた「卵のような型」が理想的です。歯の形によってより女性的な印象が与えられます。

・男性的な歯形

男性の歯の形は、カドがある力強い形が理想とされます。全体的にカドがしかりわかる四角です。もしくは、先端にいくほど太くなる形で男性的な力強さを見せられます。

 

③左右対称

歯の形も重要ですが、加えて全体的なバランスが重要になります

左右対称に近い形が作れれば理想的です。きれいな歯並びの条件も同じで、前歯の中心を境目に、左右の歯の大きさや生え方が対称になっていることが一つの条件です。

※関連するブログ記事

4.自由診療の入れ歯(部分入れ歯)

船橋市高根木戸・高根公団の植村歯科医院

ご相談は→047-463-9000

イーパークバナー

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME