メニュー

部分入れ歯 何を選ぶか?

[2019.09.28]

みなさんこんにちは(*´∀`*)

高根木戸・高根公団の歯医者

植村歯科医院です。

歯を失った時に

様々な治療の中で、入れ歯を入れるという選択肢があります。

 

そしてその入れ歯にはたくさんの種類があるのはご存知ですか?

 

歯を失って困った時

入れ歯にはどんな種類のものがあるのか?

その利点や欠点をじっくり検討した上で

この世にたった一つのオーダーメイド

より快適な入れ歯を選んでいただきたいと思います。

 

 

①レジン床の部分入れ歯

クリックすると新しいウィンドウで開きます

保険内で作ることが出来るので比較的安価であること。

しかし設計や使える材料に制限がある。

破損しやすく

厚みで違和感を感じやすい。

歯に掛ける金属が目立つことがある。

 

②金属床の部分入れ歯

「金属床部分入れ...」の画像検索結果

設計の自由度が大きく適合性が良い。

破損しにくく薄く作ることが出来るので違和感が少ない。

食べ物の温度がよく伝わる。

しかし自費の入れ歯なのでやや高価であり

歯に掛ける金属が目立つことがある。

 

③ノンクラスプ義歯(金属あり)

「ノンクラスプ義...」の画像検索結果

見えるところだけ樹脂を使用するため目立ちにくい。

違和感が少ない。

しかし修理しにくくやや高価です。

 

④アタッチメント義歯(歯の根の部分に磁石を付け固定)

「アタッチメント...」の画像検索結果

 

見た目が良く、残った歯への負担が少ない。磁石で固定され安定感がある。

しかし神経が生きている歯には使えず、歯を削り神経を取る必要がある。

 

 

⑤コーヌス義歯(被せ物と一体型の部分入れ歯)

 「コーヌス義歯 ...」の画像検索結果

 

見た目が自然であり動きにくく安定感がある。

違和感が少なく、ものが挟まりにくい。

しかし制作には高度なテクニックが必要になり制作している歯科医院が限られる。

歯を削る量が多い。

 

⑥インプラント義歯(インプラントをで支えを作り固定する)

「インプラント義...」の画像検索結果

 

少ない数のインプラントで、入れ歯の動きをコントロールできる。

固定源が足りない奥歯の入れ歯に効果的。

しかしやや高価であり、インプラントオペが必要である。

 

そして、

保険の入れ歯と自費の入れ歯は決定的に違う点があります。

それは製作工程がまったく違うということです。

金属床は歯にかける金属から床に使う金属までを一体型で作るため

部分を別で作って組み立てる保険の入れ歯より精度が高くなるのです!

 

このように部分入れ歯にはたくさん種類があります。

どれを選んで頂いても、支えになる歯がダメになったら使えなくなってしまいます。

残っている歯も丁寧に磨いて汚れが溜まらないようにするのもとても大切なことです。

そして歯科医院とのお付き合いは、入れ歯が出来て終わりではありません。

実は本格的なお付き合いはここからなのです。

入れ歯が出来上がったら調整に数回来ていただき

残った歯のむし歯や歯周病の予防

悪いところがなくても定期検診を受けて快適なお口を維持していきましょう!

 

【 入れ歯が合わない、むし歯が痛い、歯周病が気になる、顎がおかしい】 

 お口のお悩みご相談ください。

☆.。.:*・植村歯科医院☆.。.:*・

ホームページはこちらから

植村歯科医院入れ歯サイトリンクページ

TEL047-463-9000

〒274-0816

千葉県船橋市芝山6-1-5

高根木戸駅・高根公団駅から徒歩7分

診療時間

9:00~12:00

14:00~18:00

休診日 木曜・日曜・祝日

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME