メニュー

動脈硬化と歯周病

[2019.08.20]

動脈硬化とは・・・

動脈の内側で血液中の脂肪や白血球などが粥状にくっついて溜まり、血管が硬く狭くなることです。

溜まったものが壊れると血栓をつくり、完全に血管を塞いでしまうことがあります。

冠動脈で起これば心臓発作、脳で起これば脳卒中で、がんに次ぐ日本人の死因第2位です。

最近は、歯周病と全身疾患との関係性についてさまざまな研究が行われています。

動脈硬化を起こした血管から歯周病菌が見つかったという報告もあります。

全身の健康のためにもお口を綺麗にする事はとても大切ですね。

歯周病予防・治療についてはこちらをご覧ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME