メニュー

根管治療について

根管治療は歯を残すための治療法

 歯に激しい痛みを感じるなら、虫歯菌が歯の神経まで達しているサインかもしれません。歯の神経が虫歯菌に冒されることで激しい痛みを伴い、放置すると歯の大部分が溶けて、最悪の場合は抜歯をせざるを得なくなってしまいます。

しかし、神経まで達した虫歯でも、歯を残す方法があります。
それが、根管治療です。

根管治療とは…

根管治療top

根管治療は、歯根の中にある根管という細い管から虫歯菌に侵された神経などをきれいに取り除き、消毒・除菌した後に根管内を成形して薬剤を隙間なく詰める治療のこと。薬剤を詰めたら、最後に被せ物を装着することで歯を残せます。

根管治療は「難しい治療」です

根管治療とは

根管は細くて曲がりくねった形状をしているため、根管治療には高度な技術や経験が必要になります。技術や経験が足りない医師が治療し、内部に汚染された神経や血管が残ってしまったことで虫歯が再発するケースは少なくありません。仮に治療に何度も失敗して再治療を繰り返した場合すことで成功率が大きく低下し、4回目には抜歯になるリスクが高まるといわれています。

 拡大鏡を使用した精度の高い治療

サージテル

当院では拡大鏡を使用し視野を拡大し、精度の高い根管治療を行っています。根管内の汚染された神経や血管を徹底的に除去し、再発をできるかぎり防ぎますので、他院で根管治療を失敗された方も一度ご相談ください。

 

 根管治療の流れ

STEP1

根管内の神経・血管を除去

根管①

STEP2

根管の長さを測定

根管②

 STEP3

根管内を洗浄

根管③

STEP4

薬剤を詰めて密封

根管④

STEP5

芯の部分を設置

根管⑤

STEP6

被せ物を装着

根管⑥

根管治療Q&A

Q1.治療をしたのに痛みが引かない

根管治療に失敗して根の先に細菌が残ってしまった場合は、時間の経過によって根の先に膿が溜まり、腫れや痛みが生じることがあります。原因は診察によってはじめてわかります。適切な治療を受けるために、一度ご来院ください。

Q2.歯の根の部分に穴が開いている

根管治療後に痛みがある場合、歯の根に穴があいていることも考えられます。これは枝分かれした根を見落として何度も治療したり、虫歯が進行しファイルを過剰に突き出して、歯根の先を突き破ったりすることで起こります。

Q3.治療して違う場所以外に穴をあけられた

根管内を細密に確認できないまま根管治療を行うと、治療に必要ない部位に穴をあけ、根を損傷してしまう恐れがあります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME