メニュー

口腔外科(親知らずの痛み)

親知らずが生えてきて痛みを感じる場合は、抜歯をしたほうがいいかもしれません。口腔外科では、親知らずの抜歯を行ってい ますので一度ご相談ください。

親知らずは抜かなくてもよいケースがあります

「親知らずは必ず抜くもの」と思われている方が多いかと思いますが、実際には必ず抜くというわけではありません。抜歯のお おまかな基準は以下のとおりです。

親知らず

抜歯後の注意点

抜歯した部分にできる血の塊は、治癒に必要なものですので取り除かないようにしてください。 抜歯当日は、激しい運動や飲酒、長時間の入浴などは控えてください。
抜歯した穴は、できるだけ舌や指などで触らないよう注意し、清潔に保ってください。

その他のお口のトラブルにも対応しています

口腔外科では、親知らずの治療以外にも下記のような治療に対応しています。

偏平苔癬

頬の粘膜や舌、口唇に角化性の炎症をともなう病気です。周 囲に発赤を伴うのが特徴です。まれにがん化することもあります。

口内炎

みなさんご存じの口内炎です。通常は、舌・軟口蓋・頬・唇 など、口の中の可動性のある軟らかい部分にみられます。

白板症

粘膜や舌、歯肉が白く角化する病気です。舌にできたものは 悪性化する可能性が高く、前がん病変の代表例とされていま す。

口腔乾燥症

水分の摂取量が少なかったり、急激に多量の水分が失われた ときに生じます。 慢性的に水分の摂取量の不足が続く場合は、全身的な疾患や 何か重大な障害(たとえば腫瘍による嚥下困難)が考えられ ます。

 船橋市高根木戸・高根公団の植村歯科医院

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME