メニュー

ホワイトニング

歯の黄ばみを白くするホワイトニング

審美ホワイトニング左arrow_05審美ホワイトニング右 

歯の色は、加齢や色の濃い飲食物の摂取により黄ばんでいきます。こうした黄ばみは、ホワイトニングで除去できますので、歯の色でお悩みの方はぜひご検討ください。
ホワイトニングは、薬剤を使って歯を白くする処置です。歯を削らずに白い歯を手に入れることができます。

歯の黄ばみの原因

加齢 加齢によって歯の表面のエナメル質が薄くなり、内側の黄色みのある象牙質がすけることで歯が黄ばんで見えるようになります。
飲食物の色素 コーヒーやカレーなどの色素の強い飲食物は、歯の黄ばみや黒ずみの原因になります。
喫煙 タバコのヤニは歯の表面にこびりつき、黄ばみがひどくなります。
虫歯 虫歯治療で神経を除去した場合、歯が次第に黒ずんでいきます。
抗生物質の服用 抗生物質「テトラサイクリン」を長期的に服用すると、歯が変色することがあります。

ホワイトニングの種類

 

オフィス

ホワイトニング
オフィス

ホーム

ホワイトニング
ホーム

処置する場所 歯科医院 ご自宅
処置方法 薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を当てる

医院で作製したマウスピースに薬剤を入れ、

それを毎日一定時間装着する

回数・期間 1回でも一定の効果があらわれやすい 2週間程度続けると効果があらわれる
メリット
  • 効果が出るのが早い
  • 処置の手間がない
  • 白さが長続きする
  • 奥歯まで白くすることができる
デメリット
  • 光が届かない奥歯は白くできない
  • 白さの後戻りが早い
  • 効果があらわれるまで時間がかかる
  • 自分で行うため手間がかかる

ホワイトニングの注意点

処置前
  • ホワイトニング効果には個人差があります
  • 詰め物・被せ物は白くなりません
  • 18歳未満の方、妊娠中の方は、ホワイトニングは受けられません
  • 虫歯や歯周病がある場合には治療後にホワイトニングを行います
  • テトラサイクリンによる変色には効果がない場合があります
処置中
  • 処置前には、必ずブラッシングをしてください
  • マウストレー装着中には、飲食・喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は歯が着色しやすいので、色の濃い飲食物は控えてください
  • タバコのヤニが付くので、禁煙してください
処置後
  • 白い歯を維持するためには、定期的なメンテナンスをお受けください

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME