メニュー

お子様の歯の治療

子供の歯は虫歯になりやすいのでご注意ください!

子供の歯は虫歯になりやすく、虫歯の進行スピードも早いといわれています。また、幼児期~学童期のお子さんは自分でお口のケアがうまくできません。そのため、お子さんの歯を虫歯から守るためには、親御さんのサポートが欠かせません。

以下では、虫歯にならないための「おやつのポイント」と、歯科検診を受けるタイミングをお伝えしています。お子さんの歯の健康を守るのは親御さんの大切な役割。ぜひ実践して、お子さんの歯の健康を守ってあげましょう。

お子さんが歯科検診を受ける3つのタイミング

乳歯が生えた・生えそろった時期、永久歯が生え始めたときは、検診のタイミングです。

乳歯が生えたら乳歯が生えそろったら永久歯が生え始めたら
小児左
生後6ヶ月ころ
小児中
1歳半~3歳ころ
小児右
6歳~12歳ころ
歯が生えてきたら、虫歯になる危険性があります。歯が生えてくる生後6~7ヶ月には、一度診察にお連れください。 乳歯が生えそろうタイミングでは自治体によっては歯科検診を受けられます。歯の生え方や虫歯の有無をチェックしてもらい、問題があればご相談ください。 乳歯と永久歯が入り混じっているこの時期は、歯みがきしにくく虫歯になりやすい時期。フッ素塗布などを受け、虫歯を予防しましょう。

虫歯にならないための「おやつのポイント」

ポイント1 時間を決めておやつをあげましょう!

長い時間おやつをずっと食べていると、虫歯菌が活発に働いて糖分をエサにして歯を溶かす酸を出しはじめます。おやつは、時間をきちんと決めて与えるようにしましょう。

ポイント2 糖分が少ないおやつを選びましょう!

糖分が多く含まれるチョコレートやキャラメル、ケーキなどは、虫歯になりやすいおやつです。キシリトール入りのガムやキャンディーなどを上手に活用しましょう。

ポイント3 おやつの後は歯磨きをさせましょう!

おやつを食べたら必ず歯みがきをさせてください。お子さんが面倒くさがる場合は口をゆすぐことから始めてもOKです。小さな頃から食べたら磨く・ゆすぐといった歯に良い習慣をつけてあげましょう。

 

当院の子供歯科メニュー

虫歯になってからお子さんをお連れになる親御さんが多いのですが、痛い思いをさせないためには、虫歯になる前の予防が重要です。植村歯科医院では、お子さんの虫歯予防に力を入れていますので、お気軽にご相談ください。

また、虫歯になってしまった場合は放置せずに、お早めにご来院ください。虫歯が小さいうちに見つければ、簡単な処置で済みお子さんの負担を抑えられます。

当院ではお子さんが治療を嫌がってしまった場合でも、無理矢理に体を押さえつけて治療をするようなことは絶対にしません。歯医者が苦手なお子さんには、長い目で好きになってもらえるようにコミュニケーションをとりながら治療を進めますので安心してお連れください。

 

歯みがきのブラッシング指導

小児下

歯の生え方や歯並びに合わせてブラッシング方法をレクチャーします。また、親御さんに対しては仕上げ磨きの方法をお教えしますので、ご自宅でも同じ要領でフォローしてあげてください。

 

シーラント

小児シーラント  

永久歯の奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めて、汚れを溜まりにくくする処置です。食べかすが溜まりにくくなり、虫歯になりにくくなります。

過剰歯の抜歯

小児過剰歯右arrow_05小児過剰歯左

本来生える本数より多く生えてきた歯(過剰歯)は、歯並びを乱す原因になることがあります。そのため、過剰歯をチェックして問題がある場合は抜歯を行います。

 船橋市 高根木戸・高根公団近くの植村歯科医院

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME